ニーアオートマタの9Sは記憶を失くしていたのか?ネタバレ注意

この記事は3分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま、コーラを飲みながら、
この記事を執筆しています。

 それはさておき、
最近ニーアオートマタというゲームで
ボロボロと涙を流しました。

軽く映画でも見ているんじゃないかと思わせる
作り込まれたストーリー構成。

いやもう、
涙枯れるんじゃないかってくらいドバドバでましたよ。

圧巻でした。

 ただ、ニーアオートマタの9Sというキャラクターに関して、
筆者いくつか疑問を覚えました。

ずばり、9Sは本当に2Bとの戦闘の記憶を失くしていたのか
という部分です。

 そこで今回は、
ニーアオートマタの9Sは本当に記憶を失くしていたのか
ということについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ニーアオートマタの9Sが記憶を失くしたと思わしき発言

 ニーアオートマタをプレイしていくと、
最初の戦いで9Sは重症を負い、
2Bが飛行ユニットを引き継いで奮闘します。

 そこで、
巨大機械生命体を倒すのですが、
2Bが9Sのもとに飛び込んで行ったところで、
同じ巨大な機械生命体が3体現れ、
取り囲まれます。

 そこで、
2Bと9Sはブラックボックスをお互いに取り出して、
大爆発を起こして倒します。

未だにブラックボックスって
なんなんだ?って疑問がありますが、
それは頭の片隅においやっておきます。

 大爆発後、舞台はバンカーへ。

2Bは9Sに「ありがとう。最後に私たちのデータを基地にアップロードしてくれて」
とお礼を述べます。

 ですが、9Sは「その記憶を僕は持っていません。あの地域は通信帯域が細かったですから・・・・・・。
僕の記憶はあなたと合流する直前までしか残っていません」と返します。

2Bとの戦闘の記憶がないという9S。

これ初めて見た時、
筆者とってもやるせない気持ちになりました。

 その後、2周目に入って9S視点に入った時に、
セットアップの振動設定?で9Sの心の声が聞けたりするんですが、
その時2Bって呼び捨てにしてたんですよね・・・・・・。

 一応、記憶を失くした9Sは、
2Bにさんをつけなくていいって言われるまで、
2Bさんとかって呼んでたと思うんですが、
セットアップの内心の声は2B。

 さんはつけなくていいって9Sに言うのは、
セットアップ後の会話でという感じだったのに、
セットアップ中の内心の声は呼び捨て。

 ちょっとこの部分で、
筆者は違和感を覚えました。

9Sの最後の独白

 A2と対峙して、9Sを操作すると、
最後の独白みたいなのが表示されたと思うのですが、
その時の言葉の中に、
過去の回想みたいなのがあるんですよね。

「僕は9Sです。あなたのサポートをするように指令を受けています」

  この部分なんですけど、
おそらく最初の戦闘で2Bと合流した後に、
9Sが言った言葉なんですよね。

 ただの走馬灯で記憶とは違うと言われたらそれまでなんですけど、
合流する直前までの記憶しか残ってないと言っていたことと矛盾してますよね。

 たまたまその部分だけ思い出したという線もありますが、
その後、記憶領域の破損が広がる。思い出が徐々に消えてゆく。

という文言があり、
明確ではっきりとした記憶として、
2Bに言った言葉を思い出していたのなら、
9Sは忘れてはいなかったんじゃないかと
筆者は考えました。

 まぁあと、
忘れていてほしくないという筆者の願望もありです。

 忘れていると処理するには、
違和感を覚える部分も多々あり、
忘れていないという可能性も考えられます。

 世界観を全部把握できているわけではないので、
絶対とは言えませんけどね。

スポンサードリンク

機械生命体とアンドロイドの違い


 機械生命体とアンドロイドでは、
見た目から違うとは思うのですが、
話が進むにつれて、
機械生命体も人間っぽくなってましたよね。

 アダムとイヴなんて、
もう人型でしたし。

 ただ機械生命体は人類の模倣をするだけで、
進化していないという文言もあったと思うので、
新しい文化を作るような人間らしい側面があまりなかったのかな。

 それに対してアンドロイドは、
ヨルハ部隊とかのグループを形成してましたよね。

機械生命体もいくつかのグループに分かれていたとは思うのですが、
とてもざっくりとしたもの。

  これという違いは明確に言えませんが、
アンドロイドの方がより人間に近かったのかなと思います。

 特に9Sは複数の感情を一度に抱いていたのかと思うと、
とても人間っぽい。

愛されたいとか孤独という感情をもちつつも、
壊したいとか憎悪とか相反する気持ちをもっている。

まさに人間の矛盾した感情じゃないですか?

もう機械という枠組みではない気がします

 機械生命体のそれぞれの宝物は、
一つだけだったりした気がしたんですが、

アンドロイドの宝物は複数個存在したのかなと筆者は考えました。

 あと、機械生命体よりも、
裏表があったというか・・・・・・。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

とてもまとまりがない文章ですが、
筆者的にはこれこそニーアオートマタという感じもしています。

 一言では表せない人間の複雑さを
体現したようなゲーム。

 プレイする人によって、
かなり解釈は違うんじゃないでしょうか?

 これもまた、
このゲームの醍醐味ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)

 

楽しく目標達成したい人に向けた思考術

楽しく努力したい人に