人生デザインU-29の保育施設役員!海外と日本の保育の違いは

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

 人生デザインで保育施設に勤める役員さんが
紹介されるようなのですが、
最近穏やかではない保育園に関するニュース多いですよね。

近頃一体何が起こっているというのでしょうか?

 そこで今回は、
日本と海外の保育の違いについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

人生デザインで紹介予定の保育施設職員さん

 人生デザインで紹介予定の保育施設の職員さんは、
8歳という幼い時から日本社会に溶け込む努力をしていたそうです。

 文化の違いから、
色々苦労されることがあったのでしょうね。

 言語の壁に、生活スタイルの違い、
それを誰に教わるかという所から、
課題はたくさんあったのでしょう。

 それでも今現在、
保育施設で日本語を教えているということで、
かなりしっかりされている方のように筆者は思います。

 今後も多くの人に、
日本語を教えていってほしいですね。

日本の保育とは?


 日本の保育は、
自由保育とも言われていて、
子供の自発性を大切にしています。

 ゆとり教育というのも
その流れからきていたのでしょうか?

まだまだ筆者も勉強不足ですね。

 自発性を大切にするとは言っても、
それは保育の方針であり、
日本全体で掲げる教育方針というのは、
また違ってくるのかなって筆者は思いました。

  日本の場合、小学校などで重視されるのは、
「みんなと仲良くできたか」という点であり、

自発性を持ちつつも、人と仲良くする協調性というのを
求められます

 和を重んじる日本の文化がでていますね。

スポンサードリンク

海外の保育とは?

 海外と言っても、
今回はアメリカを例に考えていきたいと思います。

  アメリカの場合、
教育方針は子供自身を大切にするというものです。

 他人と仲良くできたのかというよりも、
自分の意見をしっかり言えたかどうか、
自分は楽しんだのかといった部分を重視するそうです。

 自発性と言った意味では
日本に似た教育方針のようにも感じますが、

他人に合わせるということを重視しない
という意味ではまた違った保育体系とも言えそうです。

どちらがいいのでしょうか。

一概に言えない部分も多いですね。

子供の教育や健やかな成長の大切さ

 日本の政治は、
その場しのぎで将来を見据えていないということを
けっこう聞きます。

 待機児童問題とか保育園の問題に対する対処の仕方を見ても、
確かにそういった雰囲気を感じられます。

 本来、こういった問題は、
真っ先に解決すべき重要なことにも関わらずです。

 子供を育てやすい環境を整えてほしいと願っている人は
数多くいると思います。

 というよりは、

その環境を整えていかないと、
少子化は進む一方なのかなとヒシヒシと感じてます。

 少子化が進めば、

将来の働き手が少なくなり、
農業や漁業も満足にできず、
国の資産だって減る一方です。

 そういうことも踏まえて、

こういう問題に経費を割いてでも、
解決させたほうがいいと筆者は感じます。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

保育に関する関心は、
年々高まってきていると筆者は思います。

 可愛い子供たちの笑顔に
癒されるという人だって多くいるはずです。

何とかして、未来を作っていきたいですね。

←人生デザインで紹介予定の坂口祐貴さん!木材販売を必要とする顧客:http://wp.me/p8gEXF-gp

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)

 

楽しく目標達成したい人に向けた思考術

楽しく努力したい人に