心臓病の金メダリスト西山麗選手の凄さや人々に与えた影響は?

この記事は2分で読めます

 こんにちは。

菓子畑 鈴花です。

  2016年、2回目の手術を受けた

西山麗さんと家族の記録として、

最近ドキュメンタリーで取り上げられました。

 心臓病を患いながらも、

北京五輪で金メダルを獲得した西山麗さん。

 そんな彼女の姿に感銘を受けた人は、

数多くいるのではないでしょうか?

 今回はそんな彼女の凄さや、

人々に与えた影響について

まとめていきたいと思います。

西山麗さんってどんな人物なの?

 西山麗さんは

神奈川県横須賀市生まれの

ソフトボール選手です。

 わずか5歳の時に、

大動脈弁狭窄・閉鎖不全症を患い、

激しい運動することができない体でした。

 身体を動かすことが

大好きだった彼女にとって、

全力で身体を動かすことができないのは、

何よりも辛かったのではないでしょうか。

 その後攻守で休みが取れる

という理由からソフトボールに転向し、

全力でプレイするために、

心臓弁移植手術を決意します。

 中学2年生という若さで、

手術を決意するというのは、

並大抵のことではないですよね。

 およそ7時間の大手術は成功し、

トップアスリートへの道を歩みだし、

2008年の北京五輪で

見事金メダルを獲得します。

 文字だけでは語れない凄さが

西山麗選手にはあるのです。

西山麗選手の魅力


 西山麗選手の凄いところは、

意志の強さにあると筆者は思います。

 全力でプレイしたいという思いで、

手術に臨み、

トップアスリートへの道を

一段一段登っていきました。

 手術内容は普段の生活を

支障なく送るためのものであって、

運動をできるようにするためのものではなかったということが

調べているうちに分かりました。

 それでも、心臓病という大きな壁を乗り越えて

オリンピックの晴れ舞台に立った。

 これは西山麗選手の

意志の強さなくして

成し得なかったことだと思います。

 そして、

力強くプレイする姿で日本に勇気と希望を与えて、

パワーを分け与えました。

 西山麗選手であったからこそ、

心を動かされたという人もいると思います。

 そんな言葉では語りきれない魅力を

西山麗選手はもっています。

西山麗選手が人々に与えた影響

 西山麗選手が

病気の人に

夢と勇気を与えられるよう頑張ると言うように、

人々に夢と勇気を与えたと思います。

 西山麗選手を見ていると、

私も頑張ろうと思えるという風に。

まさに、有言実行ですね。

 また、病気の人に留まらず、

健康な人々にもパワーを分け与えました。

 中には西山麗選手を目標にする人も

いるんじゃないかなと思います。

 それだけ西山麗選手の生き方は、

力強いのです。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

西山麗選手のことを書きながら、

筆者も頑張ろうという気持ちになりました。

 1日がとてもかけがえのない

大切な宝物のように感じます。

 私も何か人に与えられるような

人になっていけたらなと心から思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)

 

楽しく目標達成したい人に向けた思考術

楽しく努力したい人に