コーヒーを飲むと生存率が上がる?ちょっとした注意点もまとめる!

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいまパズルゲームが中々クリアできず、悶えてました。

次やる時は、クリアしたいです。

 それはさておき、
最近ニュースサイトを眺めていたら、興味深い話がありました。

それは、コーヒーを飲むと死亡率が下がるというもの。

 まあ、たびたびコーヒーと健康の話は聞いていたのですが、
具体的には知らなかったんですよね。

だからこそ、今回コーヒーと健康の関係性や注意点などまとめていきたいと思いました。

スポンサードリンク

目次

 

 

コーヒーを飲むと死亡率が下がる?

 ある調査結果によると、コーヒーを1日3~4杯飲む人と、
飲まない人とでは、死亡率が24%も変わるそうなんです。

24%ってけっこう大きな違いですよね。

コーヒーを飲んだ方が24%下がるなんて聞いたら、
何となくコーヒー飲もうかなって気持ちになります。

 病気別に見ても、36~43%のリスク軽減が期待できるみたいです。

こういったことを知ると、
コーヒーは健康に良いと言えそうですよね。

 仕事後の一杯とかは特にほっこりするものがありますので、
リラックスする上でもよさそう。

コーヒーは生活になくてはならないものとも言えると思います。

コーヒーの注意点

 コーヒーは生存率が高いというところがとても魅力的です。

ですが、実は肝臓に負担がかかるという注意点も存在しているようなんですよね。

 この注意点は、何かの体験談的なものを見て知ったものですから、
医学的な話は全然分かりません。

ただ、体験談によれば、肝臓に負担がかかって、
硬くなっていたとの話です。

 肝臓に負担がかかるという話の信憑性としては、
噂話程度。

 ですが、肝臓に負担がかかるかもという注意点があると分かると、
少し肝臓の状態に気をつかえるようになると思います。

 また、肝臓への負担に対する対処をしておけば、
生存率が上がるという恩恵をゲットできると思うと、
やっぱり魅力の方が強く感じます。

対策としては、飲まない日を作るということで簡単にできそうですし、
そんな大きなデメリットは感じないです。

ほどほどにコーヒーを飲んでいきたいと思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

コーヒーを飲んでいると、死亡率が下がるってとても衝撃的ですよね。

コーヒーだけが要因ではないのかもしれませんが、可能性があると思うと、
日常に取り入れたくなります。

やっぱ、長生きしたいですからね。

楽しい人生のためにも、健康情報は積極的にゲットしていきたいと思います。(*^^*)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)