楽しむスペシャリストに私はなる!五感を強く思い出して楽しむ

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

 ただいまをちょっと眠たくて、ぼーっとしていました。

お昼ご飯の後は、どうしても眠くなってしまいます。

 それはさておき、
最近五感と楽しさの関係性について考えていました。

よくゲームとかでは、映像と音というものがありますよね。

実はゲームが楽しいのは、映像と音があるからこそとも聞きます。

 そんなわけで今回は、
五感と楽しさの関係についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

 

楽しいというのは感情

 
 最近私は、楽しむことのスペシャリストになりたいと思いました。

そのためにも、1つ前提として知っておきたいのが、
楽しいというものが感情であるということです。

何か出来事に左右されて感情が生まれるわけではなく、
考えたことの結果として感情が生まれます。

 つまり、楽しいという感情を感じるためには、
考えることをコントロールする必要があるわけです。

まぁ、難しい感じがしますが、
基本的には楽しくなる考え方を身につけるというのが一番の目的です。

というわけで、
今回もまた楽しむスペシャリストへの道のりを一歩進んでいきます。
 

五感と楽しさの関係性

 
 ゲームとかでは、映像や音などで人の五感を刺激します。

これが結構重要な役割だそうで、
プレイヤーが実際にそこで何かをしていると錯覚させるほどの効果があるみたいなんです。

 五感というのは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のことですが、
ゲームは視覚と聴覚に強く働きかけるものとなっています。

五感のうち、2つの感覚を刺激しているんですね。

 物事を楽しむ上では、このゲームの例が参考になるかもしれないと思って、
今回まとめようかと思いました。

現実では意識しない限り、感覚ってあまり覚えていないんじゃないかなって思います。

そして、現実では五感を刺激するなんて、あまり意識できませんよね。

まぁ、視覚と聴覚が一番楽しむ時に使われている感覚なのかな?って思います。

あと、触覚と嗅覚。

味覚は、楽しむのとは、あまり関係なさそうに感じます。

 今回は、この五感からのアプローチで、
物事を楽しむ方法を考えていきたいと思います。
 

スポンサードリンク

1つの感覚を覚えておく

 
 五感と楽しいと感じることには、関係あるんじゃないかと思いました。

ですが、具体的にどう活用するのか?っていうのは、正直あまりアイデアがありません。

まぁ、でもよくよく思い出してみれば、
何となく好きだなって感じる感覚ってどこかにはあるんじゃないかなと思います。

ぼんやりと好きかな?って感じている感覚を1つ思い出して、
それを言葉にしてみる。

好きな感覚をイメージや言葉によって強化していくっていうのが、
今考える限りの方法かなぁ?って思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

五感ってあまり意識しませんが、
何となくその感覚が強いものほど、
楽しいって感じている部分があるような感じがしませんか?

思い出しただけで、匂いも音も空気感も味も思い出せるなんてことになったら、
かなり鮮明な感覚なのだと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)