さんまの内臓取りは意外と簡単!これで料理のレパートリーも増える

この記事は1分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま、ちょっと寒くて布団にくるまっていました。

一気に秋になったような印象を受けます。

 それはさておき、さんまに限らず、お魚って捌くのが難しいイメージありますよね。

だから、ついつい私は肉料理を中心としたメニューにしてしまいがちです。

ですが、実はさんまは下処理が楽だという話を聞きました。

既に知っている方も多いかもしれませんが、私は今回初めて知りましたので、
まとめておきたいと思います。

というわけで今回は、さんまの簡単な内臓取りについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

 

さんまの内臓取り

 9月といえば、さんまが旬です。

でも、さんまを料理に使うことはあんまりない私です。

お魚の扱いは、何となく遠慮してしまいます。

 ただ、実はさんまは下処理が、けっこう簡単だと聞きました。

背中側から背骨を切断し、肛門の横に切り込みを入れる。

そして、頭を引っ張って、内臓をスルッと取り出す。

で、冷たい水でジャブジャブ洗う。

これだけなんだそうです。

 まあ、包丁使うのが苦手な私だと、これすら苦労しそうですが・・・・・・。

さんまの簡単な内臓の取り方を知ったのも何かの縁。

近いうちに、さんま料理にチャレンジしたいと思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

さんまの内臓を取る時は、背中→背骨→肛門でしたね。

包丁を入れた後は、頭を引っ張って内臓とって、冷水でしゃぶしゃぶです。

細かいポイントとかも、あるのかもしれませんが、簡単に書くとそんな感じです。

この勢いで、どんどん料理のレパートリーを広げていきたいと思います。(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)