北海道胆振東部地震から災害対策を本格的に考える!必要なものは?

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

 ただいま散らかった家を掃除していました。

北海道胆振東部地震によって、食器が割れたりしたので、処理に時間がかかりました。

 それはさておき、
最近地震対策に力を入れたいなと思いました。

とはいえ、やることが一杯あるように感じるんですよね。

何から手をつけていいのやら・・・・・・。

そんなわけで今回は、
今後行う地震対策について、いくつか候補をだして、方針を決めていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

 

地震対策といえば・・・・・・

 今回北海道胆振東部地震の影響で、
そこそこの被害を受けました。

地震の大きな揺れは、怖かったです。

それと同時に私は、災害に遭っても、
普段と変わらないような生活スタイルを送りたかったんだなという自分の望みに気づけました。

このことから、地震対策の最終的な目的地は、
電気と水と食料の確保になります。

 そうなってくると、
いくつかやることが見えてきます。

・水の備蓄
・電池の備蓄
・懐中電灯やランタンを揃えておく
・非常食を揃えておく
・モバイルバッテリーを揃えておく

 こうやってあげていくと、全部買うという感じになっちゃいますね。

すぐできる対策はこんな感じになると思います。

ただ、こういった備蓄というのは、
使えばなくなる消耗品になります。

普段と変わらない生活を実現するには、
これだけだと不足だと感じます。

非常用の備えとしてはいいと思うのですが、
最低限の生命維持だけでは、私は物足りないと感じました。

娯楽や仕事ができる環境だって確保したい。

そう感じたんです。

 そうなってくると、備蓄にプラスして、
水や電気を自分で確保する仕組みというのが必要になってきます。

パッと思いつく感じですと、
・ソーラーパネルでの発電+電気を貯めておく蓄電池
・水をろ過する装置
・食物を育てる畑
などなど・・・・・・。

まぁ、難易度の高そうなものがでてきます。

ですが、どうにかして実現したい。

資金はあまりないので、工夫が必要になってきそうです。

スポンサードリンク

今後取り組む地震対策

 
 今後取り組む地震対策としては、
備蓄というのを進めていきたいと思います。

北海道はまだ物流が完全に回復しているわけではないので、
備蓄もけっこう難しいです。

 ですが、備蓄をしっかりしておかないと、
普段の生活ですら安心できないというのが心情ですので、
取り急ぎ対策を進めていきたいと思います。

まず、一番簡単そうにできそうなのが、
家族全員分の懐中電灯を揃えることです。

2日間の停電を経験すると、
明かりがなければ、何も活動できないということが本当によく分かりました。

ですから、まず簡単かつ持っておきたい懐中電灯を揃えたいと思います。
 

まとめ

 いかがだったでしょうか。

地震対策はとても興味深いですよね。

私も実際に地震を経験し、その重要性を肌で感じました。

災害が起こった時には、店には何も残っていない。

そんな経験を活かして、しっかり対策したいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)