根性論が嫌いでも成果はだしたい!80:20の法則を活用する方法

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま麦茶を飲んで涼んでいました。

最近暑い日が続いているので、とても美味しく感じます。

 それはさておき、
最近根性論が嫌いでも成果をだす方法ってないかなーなんて思っちゃいました。

怠け者を際立たせるような考え方ですが、
これが分かればある意味誰でも夢を実現できる可能性が高まります。

真面目に考えてみてもいいと思うんですよね。

そんなわけで今回は、
根性論が嫌いでも成果をだせる80:20の法則の活用方法についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

目次

根性論が嫌いでも成果をだす

 根性論が嫌いでも、成果をだす方法は色々考えられます。

まず、行動すること自体を楽しむことで、自然と成果をだしちゃうこと。

これは、どちらかというと、根本的に色んなアプローチが必要になってくるやり方ですね。

中々一筋縄ではいかないのが、この方法なんじゃないかなと思います。

 次に思いつくのは、少ない労力で大きな成果をだす方法。

これはやり方そのものを簡単にしたり、やることを減らしたり、ちょっと工夫していくようなやり方になります。

今回紹介する80:20を活用する方法は、こちら側になるんじゃないかなと思います。

ちょっとしたテクニックですね。

どういう法則か分かれば、誰でも活用できると思います。

80:20の法則について

 80:20の法則というのは、日常のあらゆる場面で、姿を現しています。

まず、成功の80%は、仕事の20%から生まれるというものがあります。

これは、ほとんどの成功は、全ての仕事の中の20%ほどが生んでいるというものらしいです。

10工程の作業があったら、
そのうちの2工程が8割の成果をだしているということになります。

この大きな成果をだしている2工程が分かれば、
少ない労力で大きな成果をだすことも可能になると思いませんか?

小さな労力で大きな成果をだそうと考えるのであれば、この法則は活用するのがいいと思います。

スポンサードリンク

大切な作業を見極める方法は?

 大切な作業を見極める方法は、
客観的なデータをとって考察することだと思います。

だしたい成果によって、とるデータは変わってくると思いますが、
客観的な数字で見れるようにしておくと分かりやすいと思います。

 まあ、これはあくまで成果をだすということを考えてのことですので、
楽しいことを無理矢理やめたりする必要はないと思います。

成果をだしたいなと感じたときのテクニックとして、活用してほしいなあと思います。

データというのは、とろうと思えば、いくらでもとれますから、その時々で使い分けるといいと思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

80:20の法則に従って、
大切な工程を見極められるようになれば、
成果をだすのも少し楽になりそうじゃないですか?

少なくとも、
どれだけ作業しても成果がでないなんてことはないと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)