記事作成を時給換算し、1時間以内に終わらせる

この記事は2分で読めます

「文章は早くても遅くても実はあまり変わらない」

 ライティングの仕事をする時に、ついつい思い通りに書けなくて、手が止まってしまうのですが、

時給で考えると、手がとまるだけで大幅に報酬がダウンします。

 それを考えると、ある程度雑でも、一度1時間以内には完成させておきたい気持ちがわいてくるんですよね~。

技術がともなってなくて、恥ずかしい気持ちもあるのですが、早く書こうが遅く書こうが意外と差がないという…。(;o;)

なんで、早く書き上げることで、心理的にも余裕がでてきます。

 ある程度仕事をこなす熟練者になれば、何度も書いてるうちに、自分の文章のパターンというのが見えてくるのかなと感じています。

それを元に、こういうネタの時は、この流れで書く。

こういう構想にする。

こういう文章の流れにする。

といったテンプレートが作れるでしょう。

上手くテンプレート化できなかったとしても、
何となくこういう流れという決まりができるだけで、文章の書きやすさというのも、随分変わってきます。

このテンプレートが高度になっていくほどに、
記事作成も数こなせるようになり、結果として収入がアップしていきます。

だからこそ、スピードをあげて数こなすのが、いいのかなと私は感じるのです。(^^)

「休日や節目に時短に向けての行動を」

 1時間以内に終わらせるというのは、最初は意識すれば何とかできると思うのですが、それをずっと続けるとかになると、けっこうムリがあります。

スピードや報酬を意識しすぎても、楽しくないんですよね。(´・ω・`)

毎日、最高で最大のパフォーマンスでいられるかというと、かなり難しいし。

気合いと根性だけのスピードだと、かなり苦しいとなりがちではないでしょうか?

 そうならないために必要なのは、工夫です。

気合いで何とかするのではなく、ゆっくりやっても時間を短く済ませられるというアイデアや道具などを使うのです。

ライティングであれば、やはりテンプレートとパターン化でしょうか?

考えて作ってもいいのですが、文章というのは意外とクリエイティブですので時間がかかります。

休日の余裕のある時に少し考えると、だいぶ楽でしょう。

 文章以外でしたら、調べものをする時間を短縮する方法を考えてもいいかもしれません。

欲しい情報を調べる前に明確にするだけでも、かなり楽ですから。

 あと、スケジュールを調整することを考えてもいいかもしれませんね。

意外と盲点ですが、自分が1日に楽にこなせる量を把握して、それに沿って仕事を請け負うというのも大事かもしれません。

1日にできる量はこれくらいだから、それに合わせて考えると単価はこれくらいがあってほしいなとか。

ゴール地点から逆算するといいかも。

 本当に色々ありますが、文章に関して言えば、とりあえず早く書き上げるのがいいんじゃないかと私は感じました。(о´∀`о)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)