コミコの廃スクールデイズep44の内容と感想!カウンターの行方

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいまお金の使い方について、
考えていました。

案外貯めるよりも、
上手に使うっていうところが難しいんですよね。

 それはさておき、
今回も廃スクールデイズを読んでいました。

キョウタVSクロザキの戦いは、
手に汗握る展開でしたが、
今回のお話で、決着がつきます。

 というわけで今回、
comicoの廃スクールデイズep44、
終らない学園生活の内容と感想をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

ep44終らない学園生活の内容

 クロザキにカウンターを喰らわせようとタイミングを窺っていたキョウタ。

ついにクロザキにダメージを負わせることに成功するかと思いきや、
クロザキの対応力の高さで、
逆に倒されちゃいました。

 にしても、クロザキ、アクロバットすぎる。( ;∀;)

強すぎ。( ;∀;)

キョウタの攻撃、一発くらい当たってほしかった。( ;∀;)

かかと落としの体制から、
即座にフランケンシュタイナーを繰り出したクロザキ。

身体の構造から考えても、
かなり無理のある動きのように思えるのだが、
それもゲームの中だからこそということでしょうか?

 絶体絶命のキョウタに対して、
何かを呟いてから顔面に強烈な一撃。

呆気なく気絶してしまうキョウタでした。

 いやー・・・・・・顔面に本気のパンチは痛そうですよね・・・・・・。

ご丁寧に鈍い音を描写したコマもありました。( ;∀;)

 そして、レイカとオウギの会話がスタート。

「気絶させただけ」というオウギの言葉に、
安堵の表情を浮かべるレイカ。

読んでいる読者としては、
話すために邪魔な子を気絶させるなんて、
相当怖い危険人物にしか思えませんが、
設定上ゲームの中なので、
そこは割合。

 お話の謎に近づきそうな回想がスタートします。

テストプレイヤーと生徒会が集まっているところで、
レイカが挨拶しているところから。

「このテストプレイが無事終われば、遂に一般発売が開始されるわ」と、
レイカとオウギが会話しているシーンが入り、
廃校生活の1年間が流れます。

普通の学校生活として楽しんでいるキイナの姿や、
キザシ兄さんがお茶をいれている所、
絵心大会でネコを書いているバンちゃんの姿など、
まさに絵にかいたような楽しい学校生活。

殺伐とした廃スクールになるなんて思えないくらいの、
仲良しっぷりです。

 そして、卒業式を迎えるという時、
プツンという不穏な音が鳴り響きます。

目を開けたレイカが見たのは、
テストプレイが始まる時と同様の始業式。

本来の目的であるテストプレイを終了することなく、
最初に戻ってしまったというところで、
次回へです。

スポンサードリンク

ep44終らない学園生活の感想

 過去の回想をみる限りだと、
とても順調におもえましたよね。

ただ、オウギの口数が少なかったような気もしてます。

本音を明かさない=心情は別のところにあった
ということだったのかもしれません。

 また、筆者の密かな疑問なのですが、
もう学園生活は何度か繰り返されていましたよね。

ゲームの外、現実の時間の流れは、
同じように1日1日と過ぎるのであれば、
プレイヤーの肉体とかはどうなっているのでしょうか?

栄養とかはどう取っているのでしょうか?

そこらへんの細かいところは、
後半判明することだと思うのですが、
気になるところです。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

まだまだ先が気になりますね。

謎が判明しても、
また新しい謎がでてくる感じ・・・・・・。

たまりませんね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)