お金をかけずに断熱したい!快適な冬を過ごすには何が必要なのか?

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

最近寒くなってきましたね。

小型サイズの暖房がほしいなと思って、
この間メルカリで小さめの電気ストーブを購入しました。

使い勝手も良く、
最高です。

 それはさておき、
冬に向けて、部屋の断熱を考える人も多いのではないでしょうか?

特に小さめの暖房しか家にないという場合は、
いかに暖かい空気を中に留めておくかというのは課題になってきます。

 そこで今回、
何とかお財布に優しい断熱方法はないものかと思い、
調べたりしてみました。

題して、お金をかけずにやれる断熱方法です。

スポンサードリンク

目次

そもそも何故部屋は寒くなるのか?

 ストーブなどで部屋を暖めたとしても、
すぐに冷えてしまうなんてことありますよね。

実はそれは、
窓から暖かい空気が逃げていってしまうからなんだとか。

せっかく暖房を使って温めても、
すぐ冷えてしまっては、
暖房代もすごいことになります。

そこで、
断熱が役に立ちます。

 冷たい空気を部屋に入れず、
暖かい空気は部屋に留めておく・・・・・・。

これができれば、
部屋もあったかく、
暖房代も節約できるという嬉しい状態になります。

 なので、
今回断熱について調べました。(^^)/

断熱の基本的な考え方

 断熱ってどうやればいいのか?と考えた時に、
分かりやすいイメージが服かなと思いました。

私達は寒い時、
重ね着をして対策してたりしますが、
それは空気の層をいくつか作ることで、
寒さをしのいでいるんですね。

それと同じで、
部屋も空気の層をいくつか作るということを意識して行います。

 一番手っ取り早いのは、
窓に断熱シートを貼る方法。

空気の出入りが激しい窓に、
断熱シートを貼ることで、
窓と断熱シートの間に一つの空気の層を作って、
部屋の暖かさを長続きさせるんです。

 他にも、
二重窓にするという方法があります。

というより、
一番断熱効果が高いとされているのが、
二重窓です。

 窓が二つあることで、
空気の層が増え、
より断熱できるんです。

けれど、これらの方法は、
大なり小なり、
お金がかかってきます。

ちょっとでも節約したいと考える人にとっては、
中々厳しいとも言えます。

スポンサードリンク

お金をかけずに断熱するには?

 一番お手軽な方法であげられる断熱は、
カーテンを閉めたり、
大き目の板を窓の前に立てかけたりなんてものがあげられます。

これだけでも、
それなりに効果があるそうで、
意識するだけで断熱に繋がります。

 他にも、
梱包材のプチプチを窓の前に貼り付ける方法もあるそうで、
とにかく窓を覆う感じのものがいいんじゃないかなと思います。

断熱ということだけを考えるのであれば、
段ボールを繋げて作る板とか、
チラシを繋げて貼るとかでもいいんですね。

家にあるもので、
何とかするっていうのが一番お金はかからないんだと思います。

 ただ、窓以外にも、
家によってはドアの下に隙間があるとこもありますよね。

我が家がそのタイプなんですが、
けっこうそこから冷たい空気が部屋の中に入ってくるんですよ。

冷たい空気って下に貯まるので、
足だけどんどん冷えるなんてことあります。

 そういった部分もスキマテープなどで塞いでおくと、
けっこう暖かさが変わってくるかもしれません。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

これから寒くなってきます。

そういった時に、
少しでも暖かく、
快適に過ごしたいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)

 

楽しく目標達成したい人に向けた思考術

楽しく努力したい人に