完璧主義な私を気楽にさせたタモリさんのコツ!8月27日鈴花日記

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま今日のお仕事に向けて、
少し準備をしていました。

荷物のチェックから、
仕事の内容まで、
サラ―っとですね。

 それはさておき、
ふと前に聞いたタモリさんの気軽に生きるコツみたいな話を思い出しました。

仕事とかしていると、
つい反省したり、
明日に向けて!みたいに張り切っちゃったり、
力を入れすぎてしまうんですよね。

そんな時に身に染みるのが、
タモリさんの気軽に生きるコツ。

 今回は筆者が肩に力を入れすぎて、
きつくなった時に役立ったタモリさんの考えについて、
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

ついつい自分を追い込んじゃうあの考え

 筆者はよく、
完璧というのを求めてしまいます。

完璧な準備だったり、
完璧な出来栄えだったり、
何かと完璧を追い求めてしまうんですね。

 ですが、
実際完璧というのはどんなに頑張ってもなれないものだと言います。

絶対どこかで不完全な部分や、
不測の事態というのは発生してしまうんです。

 だから、
完璧を追い求めても、
実際は完璧とは程遠い状態になるんですね。

これが不思議と。

せっかく完璧にやったのに、
ちょっとした状況の変化で、
あっさり完璧ではなくなる。

 これだったら、
完璧にやるよりも、
大雑把にやって、
その都度どうにかしていくっていうスタイルの方が、
精神的にも楽に生きられます。

完璧をつい求めすぎてしまう筆者に、
気楽に生きる勇気をくれたのが、
タモリさんの気楽に生きるコツでした。

スポンサードリンク

タモリさんの気楽に生きるコツ

 タモリさんの気楽に生きるコツは、
色々あるのですが、
筆者が覚えているのは以下の通り。

・他人に期待しない(人が自由に生きても、そんなもんさと思っておく)
・反省しない

この2点ですね。

 他人に対して怒りが湧いたりするのは、
どこかで期待しているからというのがあるそうなのです。

待ち合わせの時間を守るのは当たり前。

人の話をきちんと聞いているのは、当たり前。

 こうやって当たり前が増えていくたびに、
私達は怒りや失望感を覚えたりするのです。

けれど、人がこれぐらいやるのは当たり前というのは、
あくまで私達の価値観でしかないんですね。

いつでも当たり前に動ける人間というのも、
いないものです。

 そして2つ目、
反省しない。

反省して成長していくことは素晴らしいことではあるけれども、
毎日それを続けていたら、
精神的にまいってしまいます。

 だからこそ、
対策はしても、
反省はしないということなんだそうです。

 ここに筆者の解釈を加えていくなら、
人の時間は平等に24時間で、
反省に時間を使うたびに、
人生を楽しむ時間は減っていきます。

本来、時間をどう使うかはその人の自由で、
反省しなければいけないということはないのです。

 仕事を完璧に覚えていなくても、
家で残業する義務はなく、
潔く楽しいことに時間を使ってもいいんです。

自分のための時間として、
使ってもいいでしょう。

そんないい加減さで生きても、
人生は何とかなる。

 楽しくても、
辛くても、
同じ1日だから。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

とにかく何でも不真面目に生きることを推奨しているわけではなく、
必要以上にやりすぎないことが大事ということを
筆者は伝えたかったです。

もちろん、
目標をもって何かをするというのはいいと思います。

けれど、それは楽だと感じる範囲でやるのが、
一番いいのかなとも思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)