マツコ会議の深堀VTR!宮古島を愛するリゾキャバの生活スタイル

この記事は3分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいまお仕事に行く前に、
ちょっとお掃除をしていました。

配管に詰まっていた髪の毛の塊がごっそり取れたような、
スッキリ感を覚えました。

これで心置きなく、
仕事に行けます。

 それはさておき、
今回もマツコの深堀VTRを見ていました。

 今回は宮古島のリゾキャバの特集でしたが、
とてもほのぼのとしていて、
和みました。

いやー綺麗な海に、
豪華な毎日、
一種の憧れですね。

もうお仕事がプライベートのついでのような印象を受けましたよ。(^^)

憧れますねぇ。( ^ω^ )

筆者もあんな生活送ってみたいです。

食べすぎは困りますけどね。( ;∀;)

 前置きが長くなりましたが、
今回はマツコ会議の深堀VTRで紹介されていたリゾキャバの生活スタイルや、
住んでいる場所を愛するヒントについて、
まとめていきたいと思います。

見ているだけで、
宮古島の暖かい雰囲気を感じますよ。

スポンサードリンク

目次

リゾキャバ達の生活スタイル

 今回は宮古島のキャバ嬢として働く女性達に密着の深堀です。

元々は短期のアルバイトで、
2ヶ月~3ヶ月いればいっかなーっていう感覚で宮古島に来たキャバ嬢さん達。

でも、今では宮古島の魅力にどっぷりはまって、
3ヶ月どころか3年目になるっていう人もいるんですよね。

これって凄い事ですよね。

 移住って正直ハードルが高いイメージがありますし、
何となく自分が元々住んでいた場所に戻りたいって思うことって多いじゃないですか。

でも、その気持ちを大きく上回って、
宮古島にいたいって思うってことは、
それだけ魅力がたくさん詰まってるってことですよね!?

 つい長いしちゃってるって人が多いのが何よりも証拠。

居心地良さそうな生活スタイルに、
筆者もいいなぁって思っちゃいました。

 で、気になるその生活スタイルなんですけども・・・・・・。

まず、リゾキャバさんが働いた後は、
お客さんとのアフターを楽しんでいたんですよね。

お客さんと楽しくお酒を飲むって、
それだけでも楽しそうじゃないですか!

  でも、その贅沢な暮らしぶりはそこには留まらず、
4:00ごろにはシメのステーキを食べていたんです!!

シメのステーキですよ!?

これから太陽が昇ろうとしているような時間にステーキですよ!?

肉汁がじゅわぁああっと広がる高級品!

考えるだけで、
お腹が空いてきますよ!

 でも、このシメステーキってスタイルは、
宮古島では定番だそうで、
当たり前のようなんです。

何の気兼ねもなく、
ステーキをパクリ。

 24時間営業のお店のステーキなんで、
熱々で食べごたえのある美味しいステーキが食べられちゃうんですね。

夜中にステーキを食べたいって思っても、
早々お店は開いてないので、
そういった部分も羨ましい部分です。

 ただ、リゾキャバさん達のその日の給料は、
そういった贅沢な暮らしでなくなって、
ほとんどその日暮らしのような状態に。

でも幸せそうなんで、
これはこれで一つの生活スタイルと言えるんでしょうね。

ノゾミさんとななこさんが宮古島に居続ける理由

 リゾキャバさんの中には、
ノゾミさんという方がいまして、
その方も宮古島に居続けているそうなんですね。

何でも、毎日2時間ほど、
前浜ビーチに通い続けて、
肌がけっこう黒くなったのだとか。

 今流行りのマーメードフォトを撮ったり、
海に来て悩み事やアルコールを流してもらおうという目的で、
訪れているんだとか。

確かに海って、
どこまでも広がっているような広大さを感じますからね。

ほとんどの出来事が小さく感じて、
すがすがしい気持ちにもなりますね。

 VTRの中では、
ななこさんという方も紹介されていまして、
その方が宮古島に居続ける理由は寮にあるそうなんです。

寮費がタダな上に、
誕生日プレゼントに三線をもらったり、
マーメイドフィンをもらったり、
もずく一斗缶をもらったり、
サメをもらったり・・・・・・。

 まぁとにかく色々ともらっているんです。

色んな物をもらって、
暖かい気持ちになって、
宮古島に居続けて・・・・・・。

VTRを見てて、
そういうサイクルがあるんじゃないかと筆者は思いました。

決定的なことは分かりませんけどね。

ななこさんのまばゆい笑顔を見ていると、
とにかく宮古島が大好きなんじゃないかと思えてきます。

スポンサードリンク

住んでいる場所を愛するヒント

 今回の深堀VTRを見ていて思ったのは、
とにかく宮古島って愛されているんだなってことなんですね。

こんなにも、明確に愛されているって分かる場所も珍しく感じて、
筆者も今住んでいる場所を愛せたらいいなって思いました。

それこそ、常に生き生き楽しそうに過ごしている!
みたいな状態でね。

 その場所にいることを楽しんでいれば、
自然とその場所を愛せるのかなって思いましたので、
筆者も楽しむことを追求したいなと思いました。

よくよく考えてみたら、
地元の飲食店とかもあんまり行ったことがなかったのでね。

せめて地元のお店くらいは把握しとこうかなって、
今回の深堀を見て感じました。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

仕事と自宅という2択だけになってしまうと、
中々刺激って得られないと思うので、
積極的に外にでていくことも大切だなって感じました。

家は時間があっという間で休まるけれども、
意欲的に活動するっていうのはどうしても難しいんですよね。

やっぱり布団だとか、
ゲームだとか、
漫画だとか、
明らかな誘惑物がありますし。

そういうものも確かにいいんですけど、
外に行って楽しんだっていう思い出は、
結構印象深く残りやすく、
結果的に充実したなっていう風にも感じやすいので、
3日に1度くらいは外に出た方がいいのかなって思いました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)