プロフェッショナルで紹介される笠原群生さんの経歴やプロフィール

この記事は2分で読めます

 こんばんは。
平凡な日々を愛する女鈴花です。

ただいま真昼の暑さが嘘の様な心地いい風が窓から入ってきます。

これほど清涼感のある優しい風は久しいです。

いよいよ夏も本領発揮という所でしょうか?

風鈴のチリーンという音もそろそろ聞こえてきそうですね。

 それはさておき、次回のプロフェッショナルでは
移植外科医の笠原群生さんという方が紹介されるようです。

移植外科医といえば手術用の緑っぽい服に身を包んだ人を思い浮かべるのですが、
今回紹介されるのは小児生体肝移植を行っているプロフェッショナル。

 難しいとされていた小さな子供の肝臓切り出し技術などを考案した人なんだそうです。

新しい技術を考案するなんて、仕事の合間とかだとなかなかできることじゃないですよね。

分刻みのスケジュールが必要になりそうな感じさえしてきます。

 本日はそんなわけで、プロフェッショナルで紹介される移植外科医、
笠原群生さんの経歴やプロフィールについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

笠原群生さんのプロフィールについて

名前:笠原 群生(かさはら むれお)
年齢:51歳
誕生日:1966年2月10日
お仕事:日本の小児臓器移植専門の外科医

 

 笠原群生さんは年間世界一の手術数を行っていまして、
手術の前には必ず手術記録を見返すなどの万全を期すみたいなんですよね。

目の前の命に全力を尽くすということで。

そこにかける気持ちが誰よりも強い医者なんじゃないかと筆者は思います。

笠原群生さんの経歴について

 笠原群生さんの経歴を調べてみたところ、
循環器の医師であったお父さんに憧れて、群馬大学に入学したそうなんですよね。

その後実際の大学生活の中で、移植外科医について勉強したいと思ったそうです。

 その後は京都大学で研修を通して学び、移植外科助手として臓器移植学を学んだそうです。

やっぱり同じ移植でもそれぞれやり方のようなものがあるんでしょうね。

肝臓なら肝臓、血管なら血管みたいな、
それぞれの場所に対応したやり方みたいなのが、いくつかありそうですよね。

 そして2005年には移植外科医長に就任し、
2011年6月より臓器移植センター長に就任したみたいです。

移植に関することを学んでいるときは、
周囲との知識や技術の差をすごく感じたらしいんですけれども、努力によってその差を縮めていったようです。

 一つの目標に向かってたゆまぬ努力を続けることによって、夢を叶えたんですね。

こういう話を聞くと夢を叶える条件というのは、気持ちというものが一番大きいんだろうなって、感じますね。

スポンサードリンク

まとめ

 いかがだったでしょうか。

お医者さんと聞くと、
なんとなくすごく多忙で忙しくて、
休憩なんてないような感じがします。

ましてや、移植手術となると、
ミスなんて神経質になるところだと思いますので、やっぱり休息も大事になってくると思うんですよね。

どのようなスケジュールになっているんでしょうか?

気になりますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)