心のエネルギーを補給して活動的に

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま夜寝付くことができずに、
布団の中で唸ってます。

こういう時は、起きたい気もしますが、
身体だけでも横にしておこうなんて思います。

 それはさておき、
身体のエネルギーは食事をすることで補給していますが、
あれをやろうみたいな精神に関するエネルギーは何で補給しているのでしょうか?

ちょっと不思議に思いましたので、
勉強していました。

やっぱり、精神的なエネルギーが、
どうように消費されて、どのように補給されるか分かれば、より日々が充実すると思うんですよね。

 そんなわけで、
今回は心エネルギーについてや、
その補給の仕方について、
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

心のエネルギーがある状態とは?

  筆者が学んだことによると、
心のエネルギーがある状態というのは、
朝早く起きれたり、
身体がよく動いたり、
やる気がでたりするような状態なんですよね。

 まさに気力に満ちていて、
自分のことを責めたり、
人を責めるような考え方が入り込むことがないような状態です。

誰もが理想とする心理状態ですよね。

しかも心のエネルギーがある時は、
欲しいものを思い浮かべて幸せな気分になったり、夢を思い描くだけでも、かなり幸福感があったりします。

常にそんな気持ちでありたいですね。

スポンサードリンク

心のエネルギーの補充の仕方

 心にエネルギーがある状態がいいというのは、分かったけれども、
どのようにして、そのエネルギーを補給するのでしょうか?

 何でも私達は、
やりたいことを我慢したり、
やりたくないことを我慢してやったりすると、エネルギーが消費されるんだそうです。

どうしても我慢するというのは、
本当は○○したいのにって言う本心に反した行動の場合が多いので、
ネガティブになりがちなんですね。

 本当はあれをやりたいのに、
今これをやらないといけないからと、
ずっと自分の本心を抑え込めば、

どうせこれをやっても、
好きなことはできないという思いがでて、
自分の心はそっぽ向いてやる気をだしてくれなくなります。

 自分のやりたいことを常に後回しにすることで、自分をないがしろにし、
他人や義務にばかり尽くす奴隷のような状態になるんですね。

 もちろん、あなたが、
やりたいことを後回しにするのは、
将来のためを思ってですよね。

 でも、人の感情はいつだって正直で、
やるべきことばかりやって

明るくなれない状態が続くと、
次第に明るくない、
エネルギーのない状態が当たり前になって、
ふりしぼることすらできなくなります。

それがよく言われているうつ病への道のりです。

 将来の幸せを願って、
うつ病まっしぐらでは本末転倒なわけです。

 それを防ぐためには、
心のエネルギーの補充、
すなわち楽しい幸せと感じられるような好きなことをやる必要があります。

 私達の心のエネルギーは、
楽しいとか幸せというポジティブな感情を感じられる活動でこそ、
補給されるわけです。

好きなことは永遠とやれるというのは、
ずっとエネルギーを補給しているからこそなんですね。

 楽しいと感じられることは、
人それぞれ違いますので何とも言えませんが、本読みたいとか、寝たいとか、
○○したいという感覚がヒントです。

あれやりたいなってふと思ったことを
どんどん自分にプレゼントしてください。(^-^)

まとめ

 いかがだったでしょうか。

やる気がでないのは、
エネルギーがないというサインだよというのをよく耳にしました。

でも、実際、
どうやってエネルギーを補給するのかというのは、永遠の謎だったので、
今回少し答えに近づけて良かったなあって思います。(^-^)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)