モテる人の苦労は理解されない!必要なのは自分の考えを持つこと

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま0時を過ぎても眠くならず、
困っているところです。

明日起きれるかなぁ。

  それはさておき、
よくモテる人は幸せで、
何もかも恵まれているみたいな話聞きますよね。

そこまで極端ではなくても、
恋愛においては良い思いしているんだろうななんて
少なからずありますよね。

 そこで実際はどうなのかとか、
モテる人の苦労は理解できないのかなどを
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

モテる人の一般的なイメージ

  モテる人って聞くと、
一般的には異性からチヤホヤされて、
人から良くされる存在みたいなイメージありませんか?

色んな人から味方をしてもらえて、
何もかも手に入れているようなイメージ。

 けれど、
そんなモテる人は、
意外と一般的な人と条件は一緒だったりします。

確かに異性から好意は寄せられますが、
同性から避けられる可能性が非常に高いです。

 これはきちっとした人間の本能があります。

自分よりモテる人が横にいると、
どうしても不利になるとか、
もしかしたら異性も一緒になって私を攻撃してくるかもとか、
どうしても防衛本能って働くんですよね。

この人といて安心だと思えなければ、
私達は中々好意的になれなかったりするものです。

 逆にそんなにモテるという人でない場合は、
友達は多いけど、
異性に好かれることが少ないという風になりますね。

ぶっちゃけ日常生活を楽に送る上では、
モテないというのは強みになったりします。

 どちらを潜在的に欲しがっているかというのは
人それぞれですが、
モテるがゆえにいじめられまくって、
平気な人と辛くなる人、

異性と中々仲良くなれなくて、
辛いなと思う人と、
平気な人。

主に4パターンかなと思います。

スポンサードリンク

モテる人が羨ましい人も
美人でいじめられて辛い人も

 まぁいずれにせよ、
モテようがモテなかろうが、
凄く大切なことっていうのが筆者はあると思います。

 

・モテる人は選択肢が多いから結婚できない
・美人は性格が悪いから
・友達が多くて羨ましいな
・顔が普通だからモテないのかな

 

 

 まぁ色々思うことってあると思います。

けれど、人って基本的に他人の芝生は青く見えるというのがあります。

他人はよく見える。

モテるはよく見える最たる事例でしょうね。

 けれど、よく考えてみたら、
自分のことを
選択肢が多いから結婚できないみたいな常識が流れてて、
幸せに思えるかって言ったら、
おそらくNOじゃないですか?

あんまり良く感じはしないですよね。

 逆に美人で嫉妬を受ける人は、
友達が多い同性を見て、
羨ましく思うかもしれませんが、
自分の発言を極力抑えていないといけない関係かもしれません。

それでストレスがたまるかもしれません。

 法則的なことを言ってしまえば、
どんな人も嫌ってくる人の数だけ、
好意を寄せている人がいるというものがあるのですから、
全員平等です。

 その中で、
いかに幸せを感じられる部分に視点を当てられるかが、
大事なんじゃないかなって思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

あまり文章としてまとまっていない感じがしますが、
言いたいことは一つです。

 自分と他人の幸運の度合いってそんなに変わらない。

タイミングは違えど、どこかでいい事っていうのは
起こっています。

 ただ違うのは、
潜在的にもっている自分の望みと、
物事に着目する視点。

難しく感じますが、
幸せだと感じる事柄をどれくらい覚えているかという違いです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)

 

楽しく目標達成したい人に向けた思考術

楽しく努力したい人に