廃スクールデイズep5二人の委員の内容は?軍服さんの感想も

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま、夜ご飯を食べる前に、少しだけストレッチをしていました。

身体をほぐすことは大事だなと思うこの頃です。

 それはさておき、
今回も廃スクールデイズ読んでいました。

とりあえずのピンチを脱した回で、読んでいる方としても、ほっとできる回でした。

 まぁ、今回もいつも通り、
内容と感想をまとめていきます。

スポンサードリンク

目次

廃スクールデイズep5二人の委員の内容は?
救世主現る

「クロザキの見下ろす視線が怖い!」

 今回はキイナちゃんが美術室に逃げ込んだ続きからです。

無事美術室に逃げ込んだキイナちゃんは、
入ってすぐにペタンと座り込んで、ふぅ・・・・・・っと一息つきます。

私も一緒にふぅっと肩の力が抜けた感じがしました。

キイナちゃん可愛いです。

 そして中を見渡すキイナちゃん。

赤黒い画材で描かれた絵が目に入ります。

私は思わずヤバいブツかと思いました。

何か・・・・・・その・・・・・・連想したものがね?

赤黒いというのが余計に・・・・・・。

 キイナちゃんの頭からいっぱいハテナマークが飛び出し、
芸術って奥深い・・・!と一言。

私と違ってキイナちゃんには、きちっとアート作品に見えたようです。

  そしてキイナちゃんはキリリとした顔に変わり、
作者は何を思って描いたのかなど考えはじめます。

キイナちゃんのおかげで、
怖さは薄れていきますね。

ありがたやです。

 そんななごやかなムードに、
ガラガラガラという大きな音が・・・。

美術室の窓から恐る恐る確認したキイナちゃんの目に映ったのは、
カイ君が教室を探し回っている姿。

より一層悪党づらのカイ君を見て、
声をひそめて見つからないことを祈ります。

 ですが、その願いはむなしく、
キイナちゃんがいるであろう美術室のドアに、
カイ君が手をかけます。

絶対絶命のキイナちゃん。

 私も固唾をのんで先を読み進めると、
軍服の男の子クロザキがカイ君に声をかけて、
キイナの危機は去ります。

クロザキの要件は、
生徒会長からの呼び出しを知らせるもので、
「どんな奴でも学園からはでられないのだから、
ゴミ処理は後回しでもいいだろう?」
というふうにカイ君を説得。

それもそうだなっていうことで、
カイ君とクロザキは去っていきます。

こうしてキイナちゃんは助かりました。

 けれど、去り際クロザキはキイナの存在に気づき、
見下ろしていました。

中々怖かったです。

  そして、廊下に誰もいなくなったことを確認したキイナちゃんは考え事にふけります。

そんなときにキイナちゃんの背後に手が・・・。

ということで、次回へという感じです。

スポンサードリンク

廃スクールデイズep5二人の委員の感想!迫る手

「学園から出られないとは、どういうことだろうか?」

 ようやっとカイ君の脅威から逃れられましたね。

とりあえずはよかった。

 そして、新たな謎として、軍服さんの言葉がありますね。

学園から出られない。

それは出口がないのか、でるには特殊な方法が必要なのか・・・・・・。

どちらかは分かりませんが、一筋縄ではいかなさそうです。

 当分の間キイナちゃんはおそらく情報収集をするのかな?

何も分からなければ目的も定まりませんからねぇ・・・・・・。

  最後のコマに手が迫っていたのですが、
あれは大丈夫なんでしょうか?

また変な人だったら、休まりませんね( ;∀;)

まとめ

 いかがだったでしょうか。

今回も廃スクールデイズ、楽しく読ませていただきました。

背後に迫って来る手は何だろうかとか、
色々気になる部分はありますが、
ひとまずは平和が訪れてほっとしてます。

次の話も平和であるといいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)