行橋智彦さんは旅する服屋さん!クリエイター活動を支える環境

この記事は2分で読めます

 こんにちは。
平凡な日々を愛する女、鈴花です。

ただいま栄養補給のため、
バナナを食べていました。

ほんのりとした甘さが口に広がります。

 それはさておき、
人生デザインで行橋智彦さんという方が紹介されるようです。

クリエイターとして自ら服を作り、
それを売って暮らしているのだとか。

何だか聞いているだけでワクワクしますよね!

 そこで今回、
行橋智彦さんについてや、
クリエイター活動を支える環境などについて、
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

人生デザインで紹介される行橋智彦さんとは?

 今回人生デザインで紹介される行橋智彦さんは、
現在温泉染をしていらっしゃるそうです。

別府でしかできない服を作るんだとか。

こだわりを持つって本当に素敵なことですよね(^^)

 そんな行橋智彦さんなんですが、
以前は旅する服屋さんとして、
車で全国各地をまわっていたようで、
とにかく服を作るということを生きがいにしているのかなと思います。

クリエイターとして活動するのって、
大変なイメージがあるのですが、
行橋智彦さん自身はどのように感じているのでしょうか?

 やりがいや充実感を感じているのでしょうか?

憶測でしかありませんが、
きっと芯をしっかりもっていて、
幸せに暮らしているんじゃないかなって思います。

筆者の憶測でしかありませんけどね。

スポンサードリンク

クリエイター活動を支えるアパート


 行橋智彦さんは大分県のシェアハウス的な場所で暮らしている様です。

芸術家の居住、制作環境として、
清島アパートはあるそうなのですが、

クリエイターのためのアパートが存在するなんて、
筆者は今回初めて知りました。

 色んなクリエイターさんと交流がもてれば、
いい刺激を受けて科学反応を起こせそうですよね。

自分の作品にも変化がでそうというか。

 色んな分野の知識や考え方をもらえそうな、
理想的な環境なんじゃないかなと筆者は思います。

筆者もそういう生活してみたいなと憧れます。

芸術家のシェアハウスアパートは全国にどのくらいあるの?

 筆者は調べていて気になったのが、
クリエイター活動を支える居住空間ってどのくらいあるのかなっていう部分です。

きっと今すぐそこに入りたいということではなくても、
将来的に利用したいなと思う日がくるかもしれません。

 そうなった時に、
芸術家のシェアハウスのような場所を知っていれば、
自分の人生に幅がでてきそうですよね。

家賃も安いという話を聞きますし、
人と交流をもててアイデアをもらいやすいというのも、
大きな利点です。

 ただ、かなり人気なのか、
中々空室というのはパッと探してみて見つけられませんでした。

かなり魅力的なようですね。

 全国にある数としては、
そんなに多くはなさそうです。

あるのは東京などの都心。

人が多く集まる場所ですね。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

クリエイターとして生計をたてていくって、
本当に憧れちゃいますよね。

もちろん実力主義的な部分もありますが、
努力を努力と思わないくらいの分野で活動するのであれば、
これほど楽しい事はないのではないでしょうか?

人生の大半を捧げる仕事だからこそ、
真剣に選びたいものです。
←人生デザインに出演する安達鷹矢さんの経歴は?夢の実現方法を学ぶ:http://wp.me/p8gEXF-t6
→人生デザインで紹介予定の坂口祐貴さん!木材販売を必要とする顧客:http://wp.me/p8gEXF-gp

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール


名前:菓子畑 鈴花(かしはた すずか)
性別:女性
誕生日:7月15日
血液型:O型
星座:かに座
趣味:カラオケ、読書
お気に入りのラインスタンプ:ざっくう

「本質を知りたい変わり者」

 こんにちは。
当サイトの管理人の菓子畑 鈴花です。

日々旬の情報を取り入れて、
自分磨きに役立てればなぁと思いながら、
このブログを立ち上げました。(^_-)-☆

 情報の本質を見極め、
分かりやすくまとめていくスタイルで、
ブログの更新をしていきたいと考えています。(*'▽')

地道にコツコツやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*^▽^*)